2014年5月

庶民金融の借金はなくても何かしらの借金で生活している

庶民金融の借金はなくても何かしらの借金で生活している

(公開: 2014年5月25日 (日))

借金なしの生活って難しいですよね。自身の生活向上のための借金であったり、商売を始めたための資金であったりの借り入れは致し方ありませんから、むしろ金融機関の信用を得て審査を通過する努力をする人の方が、挑戦者的な意味合いさえ感じます。

借金することが後ろめたいといえば、そかもしれませんが「借金も財産ンのうち・・・」とかいったりすることもありますから、こればっかりは借りる人の借り入れ資金の裁量によって、その借金が生かされることもあれば、返済困難で人生がボロボロになったりにもなりますので、「もろ刃の剣」ともいえるのではないでしょうか。
借金が焦げ付いてしまう方向へ行ってしまったなら、それはそれでどうにかしなければなりませんから、そうしたときの対策に債務整理とか、自己破産を考えたりとかの結末が待っていたりするので、なかなか自分でするのはできなくもありませんが、それでは金融会社に舐められてしまい、望ましい結果にならないことも多々ありますから、少々費用がかかったとしてもプロの専門家にお願いした方が賢明かと思います。

http://www.enlightment.org/cat4310/post_63.html

 

人は収入に見合った生活を送って行かなければ、豊かさを求めるために無理をして借金で目的を果たせて、自力で借金から脱出できたうえで、預金までできるようになれるのは極僅かの人だけです。