帰化申請の約束事

帰化申請の約束事というのは、帰化申請の経験者と、法務局、帰化専門の行政書士
さんのところにあります。外国人が日本で帰化申請を行い、それが通ると、日本国籍を得ることになります。
帰化申請は5年以上日本に滞在した者が以下の条件を満たした場合に与えられます。
この5年という期間は、日本人配偶者と婚姻関係がある場合には、3年に短縮されます。まず、本国で原則として成人に達しており、法的に責任能力があることです。
日本でいう制限能力者とされていないことが必要です。
また、自己または配偶者、その親族の資産や技能により生計を立てることが可能なこと、日本語や日本文化への理解の程度なども考慮されているようです。
帰化申請は、最後には、行政書士さんが頼りになりますので、初回からお世話になるのがお勧めです。

次の記事も読んでね!!

  1. 帰化申請の約束事
  2. テスト